フリーアナウンサー樋口香織のホームページ 兵庫県、大阪府を中心にアナウンストレーニング、話し方、演劇ワークを使ったコミュニケーション術と内気改善プログラムをお伝えしています。

RSS

愛することの苦しみに固く心を閉ざしてしまう

カテゴリ : 対人関係・恋愛
人の恐怖心は深いものです。

愛することの苦しみに
人を傷つけ傷ついた経験をすると
痛みは容易に取り除くことができません。

時間をたっぷりかけて忘却に沈めたつもりでも
また本気で人を愛してしまいそうになると
浮上しては苦しめます。

それで他者を求めてしまう
心の弱さがいけないんだと

強く自立することを
自分に課すようになります。

それなのにまた
心を揺さぶられる人に出会ってしまう。

辛かった辛かったと思っていても
それ以上のつながる喜びを
魂は覚えているからなのでしょうか。

また性懲りも無く
感情が振り切れる場面に遭遇してしまう。

結局求めているのか
逃げてるだけなのか。
この世は不思議ね。
心は不思議。

心のどこかに微笑みが残っているから読む本
観る芝居がいちいち琴線に触れてしまう。
金銭的にお得感ありまくり状態。

絶望してないのか。
意外にも。
だって今日も生きることができてますから。

踏み出せばいつの日か安らぎに出会えるということは
心の底でわかっているのです。

でも今は踏み出せない苦しみに耐えているだけ。
時間はかかるかもしれません。

だけど愛があれば傷つかない強さが
自分の中にあることを確かめられます。

だからあまり考えず
フルパワーで毎日を楽しめばいい。


Du bist mein Schatz!
kaori
2018-11-24 08:55:09

たった一人の恋愛マニュアル〜人生最大の謎の人物に遭遇するとき

カテゴリ : 対人関係・恋愛
人間の知性はあらゆることを体系化し
学問のように、まとめ上げます。
だからこそ効率よく学んで
人生に活かすことができます。

しかし恋愛においては
そう単純にはいきません。

心理学や生物的本能を元にカテゴライズされた
マニュアルに従うだけでは足りません。
マニュアルに則って
最適な言動を取ったとしても

結局うまくいかないことが往々にしてあります。

昔から、たくさんの
恋愛マニュアルがあるにも関わらず

人はいつもいつも対人関係に悩んでいます。

人の個性は人の数だけあるし
人はいつも同じではないし

同じ状況がいつまでも続くわけではないからです。

ですから知識だけでは
無理があるのは当たり前です。
ノウハウを詰め込むことによって
目の前の大切な相手を勝手に型にはめます。

あれ?おかしいぞ。うまくいかない。
そして「あのノウハウ役にたたねーな」
と文句を言いだします。

新しいテクニックを追い求め彷徨い
本質から外れたひとり旅に出る羽目になります。
ひとり旅も悪くはないけどね。
旅は愛する人と二人で楽しまなくちゃ。

じゃあどうするのか。

大切な一人を
しっかり観察できるようになるためには

何が必要でしょう。

まずは周囲の人や
街行く人を観察する習慣をつけることが

人間理解への道だと思います。

実際の人だけではなく
テレビや映画や本など何でもいい。
あなたが好きなものなら
あまり苦がなく取り組めるでしょう。
登場人物を分析して
たくさんの人の個性を

自分の中にインプットするのです。

そうしたら、面白いことが起こります。
もっとも謎の人物に遭遇するのです。

こいつはいったい何を考えているのだろう。
こいつを知りたい、攻略したい。
そして幸せにしてあげたい。

この謎の人物とは
あなた自身のことです。
自分を理解することへ
興味がシフトしていきます。

自分は何を求めているのか。
何をしているとき幸せを感じるのか。
そもそも何のために生まれてきたのか。

どんどん哲学的で超難解な領域へと入って行きます。
自分を知ることは他者を知ること。

好きな人のことだけでなく
嫌いな人への見方までかわってきます。
知らない間に器が大きくなっています。

もしかすると
以前あんなに好きだと思ってた人に

あまり魅力を感じなくなることがあるかもしれません。

そして逆にこれまでの好みとは違う人に
不思議な魅力を感じることもあるかもしれないのです。

そして自分の心も人の心もコントロールや
支配をすべきではないこと
できないことを知ります。

そこまで到達すると何故か今
自分の周囲に存在している人たちとの
不思議な縁に心から感謝の気持ちが湧きます。

人類を愛するという段階に入ってきます。
人類を愛するように
一人の恋愛相手を見られるようになると
拒絶が怖くなくなります。

愛は恐れを超越するのです。

そこまでいくと
フラれようが相手の幸せを願える

あなたを誰も放っておきません。

あなたを慕う人が
たくさん周りにいることでしょう。

たった一人の恋愛マニュアルとは
たった一人の
世界で
一番愛しい自分を理解する
プロセスのことをいうのです。



Du bist mein Schatz!  
kaori
2018-11-23 11:23:38

恋愛を透視することで見えるビジネス

カテゴリ : 対人関係・恋愛
恋愛でもビジネスでも
政治活動、宗教、芸術でも
すべてにおいて共通する
大まかな概念がある。

それは自分が自分以外の他者に対して
働きかける活動であるということ

その結果
相手に影響を与えるとこで
無から有を生み出したり
感動を生み出したり
何かを起こそうという
動きや企てである。

つまり他者との関係性が生み出す
生産と創造のプロセスといえる。
 
ということで言えば
この世界には二つの人間が存在する。

一つは
他者に能動的に向かい影響を及ぼす者。

そしてもう一つは
他者の表現するものに影響を受ける者。

人によって前者になる分野と
後者になる分野があると思うが

あなたはどうだろうか。
 
例えば、ビジネスでは多くの部下を
力強く導いている人が
家庭の中では妻に主導権を
握られていたりする。

人はある領域では影響を与える立場になり
別の領域では逆の立場に
転じていたりするものである。

また、演劇好きの少女が
客席で感動するだけではなく
自分でも劇団に所属し
果ては自分で脚本を書き
演出までするに至ることもある。
ちなみにこの少女とは私のことである。

このように影響を受けることで
影響を与える側に回りたくなり
実現するという物語は
よくあることだと思う。

恋愛でもよくみられるが
はじめは一方が熱を上げて
アプローチするものの
関係性が出来上がると熱量が
逆転するというパターン。
 
熱烈に愛されたと思っているうちに
気がつけばこちらが追っているという状態は
個人的にはとても幸せだと思う。

なぜなら
モテる気分の良さと
愛することの喜び両方を受け取れるから。

その後、悲しいことに
相手のテンションがどんどん降下する
場合もありますが、それはそれ。

愛することの苦しみに傷つくのも
人生の醍醐味だと思うのは
私がマゾ体質だからかもしれない。

以上のことはビジネスにおいても
顕著に現れることがよくある。

一生懸命自社の商品やサービスを
広める努力をする時期があり
その後広まれば形勢逆転で
ブランド力で顧客に追わせる。

商品・サービスの質を超えて
関わることの気持ちよさ
提供するレベルに発展する。
 
ひとつの理想的な領域に到達する。
 
ただ、この状況にあぐらをかいて
放っておくと先ほどの私のように
相手のテンションが下がりはじめる時が来る。

これを先手を次々に打つことで
さらなる発展をしたいものである。

恋愛でいえば次の着火材が必要だということ。
でも若さや美しさは下降していくので
いつまでも上昇可能な美徳があればいい。
 
上昇可能な美徳って何だろう。

相手のテンション下降に直面するたび
熱血恋愛体質の私は全身で考えてきた。
 
その結果、見えてきた
私なりの答えは以下の通りである。

「相手に向けた労力は払わない」

相手に向けている時点でもうすでに
単調になりがちになる
つまり早かれ遅かれ飽きるのである。

そんなに相手に向かうエネルギーが豊富なら
自分の興味の対象を
あらゆる方面に結びつけることである。

はじめに言ったように
外に影響を与える側になり
新しい刺激をたくさん受けることが大切。

そうすることで多面的な魅力が
自ずと形成され
相手がまたあなたに惹きつけられる。
そんな相手を適度に楽しませて
あげるくらいで丁度いい。

ビジネスが顧客獲得一辺倒だと
ウザいのと同じである。

多面的な意識の向け方によって
ブランド力を高めることだと思う。

結婚したからといって
安住していると夫婦円満は続かない。
人間は安定と刺激を交互に求めるものだから。

この理屈はそれだけでなく
パートナーが欲しいとお悩みの方にも
そのまま当てはまる。
 
婚活にまじめになりすぎるほど
あなたはつまらなくなる。

たしかに結婚を求める人が集まる
婚活の場は効率が良い場所ではある。
実際に私はカップリングパーティーの司会を
何度もしてきた経験がある。

しかし、日常全部であなたが多方面から
関心を寄せられる人物に生まれ変わる方が
はるかに効率が良いと思わないだろうか。

さらに、パートナーだけでなく仕事の領域でも
能力を開花させることにもつながる可能性がある。

私が特に力を入れて取り組んでいる仕事が
このような
「あなたがあなたのままで生まれ変わりを体験できる」
トレーニングなのである。

あ、宣伝チックになってきた。

結局、私がお伝えしたいことは以下の三つ。

・あなたは素晴らしい魅力を
眠らせてはいないか?ということ。

・恋愛も仕事も何もかも上々人生の仕掛けや
ブランド構築は誰にでも可能だということ。

・すべては繋がっているということ。
 

Du bist mein Schatz!
 
kaori
2018-11-22 17:53:55

東京へ

カテゴリ : Diary
しばらく更新ができておりませんでした。

昨日は東京まで日帰りで勉強に行ってきました。

今までのやり方にこだわらず色んな形で

お客様への役立つサービスを構築できればと

学んできました。

ビジネスに正解はないのでいろいろ試しながら

修正していくしかないです。

ただこんなことをやっていては上手くいかないよ

ということはありますね。

「無計画」「成り行き任せ」などがそうです(笑)


東京に日帰りなんてもったいないと思いつつ

強行しましたが行ってきてよかったです。



今後も少しでもよいサービスが提供できるよう

創意工夫を続けてまいります。



2017-01-29 15:07:26

四人の女の朗読会

カテゴリ : イベント

朗読会に出ます。

おけいこ場で仲間と共に発表します。

本番までもう少しです。

大好きな朗読はずっと続けていきたいと

思っています。



2016-11-17 22:58:39

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ