×

速攻で情感豊かな話し方をする方法

人の話を聞いていて、相手の気持ちの表現がよく伝わってくる人と、するすると流れてしまい、印象が残らない人がいます。この違いは何なのでしょうか?

 

感情豊かで共感を呼びやすい話し方のひとつに「形容詞の第2音をしっかり上げる」というコツがあります。

 

例えば、「美しい」という形容詞の場合。「うくしい」の「つ」の音を少し高い音程にするのです。上げにくい場合は、最初の「う」の音を少し下げると良いでしょう。

 

つまり、1音目と、2音目の音の高さに落差をつけるということです。平板な感じよりも、感情が乗っているように聞こえます。一本調子で、何を言っているのか印象に残りづらいという人は、ぜひ意識をしてみてください。

 

形容詞なら基本的にどの言葉でも、第2音を上げると良いです。

 

 

らしい

しい

るい

 

こんな感じです。

 

それだけで、随分と話の印象がくっきりと色鮮やかになりますよ。

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP