×

会社で司会に任命されたときに、緊張を乗り切る方法

司会って突然素人に任命されても、戸惑いますよね。でも上司の命令だとやらないといけないしね。サラリーマンは辛いよ。。。入社時には想像もつかない任務が不意に降りかかるのが会社組織のありがたいところです。

 

司会進行する際に何を言えばよいかはコチラを参考にしてください。➡式典の司会原稿

 

さて、司会をやる時にどうやって乗り切るかですが、やはりまず、孤独と緊張感をなんとかしたいですね。

 

そのためには、一番前に座っている誰かを利用していきましょう。誰でもいいです。人の良さそうな人で、貴方の話をふんふんと聞いてくれてるような誰かです。

 

そういう人を見つけたら、その人一人に話しかけるように司会を進めてください。勝手に味方を作るのです。味方がいると思うだけで人は結構つよくなれます。一人を味方につければ何とかなります!

 

結局のところ、一人相手に喋るのと、1,000人相手に喋ることは、全く同じだと考えてください。だってそうですよね?

 

やってる事は人の前に立ち、場を進める案内をしているに過ぎないでしょ?人の前なのか、人々の前なのか、ものすごい大勢の前なのかで、やる事一切変わりませんよ。

 

変わっているとしたら、それは貴方が聴衆を見たときの顔の数や目の数ですね。一人なら2つの目なのが、1,000人の場合には、2,000個の目になります。

 

だから、それが怖いんやんけー。と言いますが、誰もそんなに真剣に見てないから大丈夫!眠いのを我慢している人がいっぱいいますよ。

 

本当に寝ている人もいますしね。「起きろ!馬鹿者!」って感じです。だから大丈夫!貴方の妄想と、自意識過剰だと思ってスルーしてください。

 

健闘を祈ります!

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP