×

内向的と外向的ではどちらが得か?

私はもともと人付き合いがいい方ではない。親しい人と過ごす時間の楽しさはよくわかっている一方で一人で過ごす時間をとても多く必要としている。人の多い所は疲れてしまうからアーバンライフよりカントリーライフに憧れる。

貴方は大勢でいるのが好きなほう?人といることによる刺激的な環境を楽しめるほう?それとも、この文章を読んでくれるくらいだから私と近しい内向性をお持ちでしょうか?

 

内向性、外向性にはもちろんそれぞれ長所と短所があるもののあるデータによると外向的な人のほうが地位を手に入れたりよく稼ぐ確率が高いそう。

 

企業の幹部や管理職への調査でも自分のことを外向的と回答する割合が一般の人より明らかに高いとか。外向的なほうが出世しやすいということです。

 

何故なんだろう。極めて内向的な私はこのテーマについてどうにかして覆せないかとずっと考えてきた。

 

まず、外向性が優位だと思われる理由について考えてみた。

 

社会や集団の中で積極的に話しかける行動がとれる人のほうが自己アピールできるし活躍の機会を掴みやすい。

 

知的であっても有能であっても内向性によりそれが伝わらなければ不利になるのは仕方がないと悟ったのです。

 

人と交わることにあまりに消極的な人に一生懸命目をかけてくれるような貴重な人は親しかいない。

 

黙っているだけで私の素晴らしい可能性を見つけてよ!私は黙っているけれど私の特別な才能を引き出してみんなに認めさせてよ!

 

そんなことは通用しないし傲慢極まる態度でありそんな小娘は誰も相手にしないのです。お花畑のお姫様は痛いだけ。特別視されるにはそれだけの理由を出すしかない。

 

出し方はいくらでもある。会話でアピールするか、文章で表現して読ませるか、態度でわからせるか、、姿勢や背中を見せるか、一芸を披露するか、、人に代弁してもらうか、人の話題に上らせるか、、ビラを撒くか、要はなんだっていい。

 

成功とか幸せとか願う上で外向的であることは有利であると認めざるを得ない。

 

一方で、内向的な人の有利なところは一人自分に向き合い特定の分野の研鑽を積んで専門性を磨きエキスパートに近づくこと。

 

だから、それを実行する自己管理能力を身につけること。そして、ここぞというときだけでも外向性を身にまとうことができたら最強じゃないか。ときに変身できる技を持てばいい。

 

外向性とはつまり外側の対象に向かって放つ空気感のこと。人に気に入られやすいこと。話しかけたくなる雰囲気をもつこと。相手の特徴を掴む観察眼をもつこと。

 

それがあれば後は内向的人間のもつ思慮深さとか謎めいた感じを魅力的に好意的に受け止められるようになる。

 

内向的な人、外向的な人、両方いるからいい。いろいろあっていいし、両方あっていい。一人の人間の中にも両方を持ち合わせたらいい。そこに至ったのです。

 

内向的であることを活かすために身に付ける外向性は天然の外向性とは違うかもしれない。後付けのオプションのような外向性でも相手にはわかりません。

 

今の私を見て内気だという人はほとんどいません。明るいとか、情熱的だとか、面白いとか勝手にそんな風に言われます。

 

笑っちゃいます。別に私の性格が変化したわけじゃない。演劇理論をもとにした魅せ方を知ったからです。だから誰にでもできます。

 

それを手にしたら貴方の暗さも静けさもパワーにできるのです。

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP