×

堅物に悩む人が気軽に相手と心をつなげられるには

少しお堅いタイプの人って、真面目で信頼できて素敵だなぁと思います。

 

しかし、人と仲良くしたい場面では、なかなか人との距離を縮めるのが苦手な人がいるかもしれません。

 

どうしたら、人とつながった感を気軽に味わうことが出来るでしょうか?

 

相手の心って分かりにくいものだし、分かったつもりでいても、間違えていることってあります。多くの人は思いやりのある人や、こちらの話をじっと聞いてれる人が基本的に好きです。たとえ、正しい事であっても厳しく言われると、凹んだり、怖くなったりします。

 

そのため、ちょっと自分のことを堅物で、なおかつ厳しめの人間だなぁと思う人は厳しさをちょっと抑えてみるといいかもしれません。

 

特に、人間関係を活発にしたり、円滑にしたりする場面では、厳しさを少し押さえて接してみましょう。厳しい性格自体は悪いものではありません。物事を進める時に、公平にきちんとしている人は信頼されます。

 

ただ、人と打ち解けやすくなることを求めている場合は、厳しさを発動させるより、優しさを打ち出すような接し方がよいです。深い人間関係が築けていないうちに、厳しすぎる対応をすると、とっつきにくくなります。

 

一旦このような雰囲気を相手に感じ取られてしまうと、相手が親しみや積極的なコミュニケーションを求めている場合、近づきにくいのです。

 

また、厳しさが前面に出ていなくても、パッと見たときの印象から堅さが出ている人は、柔らかい表情を意識してみましょう。

 

自分が思っている以上にものすごい笑顔をしても、案外相手からは、ごく普通の顔にしか見えないものです。まれに、素の顔がものすごい笑顔の人もいますが、このような人は得ですね。

 

自分なりの、大の笑顔、中の笑顔、小の笑顔を持っておいて、普段から小の笑顔を絶やさないようにしてみると印象が良くなります。大の笑顔は、会話の中で何か盛り上がった時に出す、とびきりの笑顔です。

 

もともと、お堅い感じの人は、そうでない人に比べて、いきなり変化させるのは難しいかもしれませんが、継続する意識をもつことで、やがて習慣にできます。

 

習慣となったことは続けやすく、やがて本物になります。そうしていると、人との間に壁が出来にくくなり、気軽にいろんな人と気持ちが通じ合う瞬間が多発してきます。

 

心がつながる感触が得られる会話は、どんな相手でも楽しいものです。心がつながった感は、男女関係を急速に発展させます。

 

また、ビジネスがスムーズに進むきっかけになったり、人がものを買いたくなるスイッチになることがあります。

 

心がつながるとは、貴方の心が相手に響くこと。何かを響かせたいなら、やっぱり人間同士ですから、明るいイメージと少しの優しさです。

 

貴方の周囲が、貴方のとのつながりで楽しくなれるといいですね。

 

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP