×
声紋分析心理学
声紋分析心理学

自分の声から潜在的適性が視える「声紋分析」

日本の会社は新卒に優しいから、はじめのうちは丁寧に勉強の機会を与えられ、大事に大事にされます。

 

でも数年経つと「はい、もう出来るよね」って感じになり、若手社員は彷徨い出します。

 

俺は何だろうと悩みもがきながらも、日々の業務に追われて忘れていても、やっぱり潜在意識は忘れてなくて、俺を探し続けていたりします。何かの能力で一番を目指すと、上には上がいるから、そりゃ苦しくなりますよ。

 

心は見えないけど、奥深いところで声を発しています。心の本音と理性がタッグを組んだ時、人は最高のパフォーマンスを発揮します。

 

もしかしたら情けない俺、惨めな俺、本当は自信ない俺、、、見たくないものが、たくさん出てくるかもしれません。

 

でも、出るということは、消えていく過程だから、ちゃんと昇華されます。

 

抱えたまま、握りしめたままでいるから、無意識で足を引っ張られる。いつまでも、モヤモヤとして漫然と日々をすごしていたら要注意です。

 

子供の頃の小さな傷とか、意外なものが刻みついているかもしれない。本当は、親とか、奥さんとか周りの愛情を受け取って、健やかに生きていたら、問題はないのだろうと思います。

 

でも、残念なことに健全な自分の満たし方が、わからない人が多いのです。男性は特に、そういうものを一人で抱えて、見ないふりして強くあろうとするでしょ。

 

お酒やギャンブルや飲食業の女性などは、ちょっとした刺激になるかもしれないけど、根本的解決ではありません。だから心のお掃除をして、心が柔軟にありのまま使えるようになったら、貴方はスーパーマンになれます。

 

どの領域でいちばんカッコよくなれるか、見つける過程はワクワクします。俺の意外な持ち味、意外な本音に出会えます。

 

弱さと強さは表裏一体。勉強したり、資格を取ったり、貴方はずっと自分を磨いてきたはずです。

 

でも片面だけ磨いて見せても、その嘘っぽさに自分が一番に気づいてしまうから、それではやはり、片手落ちです。両面を見ましょう。

 

心が楽になり、元気になれますよ。友人知人には見せたくない部分ですから、自分一人でやってもいいし、何かの専門家を頼ってもいい。

 

私でよければもちろん、ウェルカムですよ。大阪ですので出張などお仕事に絡めて、お気軽に会いに来てください。

こんな感じです

カウンセリングルームの画像

大阪で一番長い、天神橋筋商店街のところですので、安くて美味しいグルメも堪能できちゃいます。

 

あなたの声からリアルなデータを読み取り、分析します。体内にある声帯から出てくる「声」には、体調や心の振動が伝わって出てきます。

 

分析により「潜在意識」「前意識」「顕在意識」が可視化できます。貴方の思いや適性が目で見てわかります。前意識とは、潜在意識と顕在意識の境目にある「習慣」や「クセ」のことです。

 

普段、何気なくやってしまうことです。人の人生を、エンターテイメントで片付けるのは嫌なんですよ。確実に変化できなければ娯楽レベルで終わりますからね。

 

なので、根拠不明なものが苦手な方は、声紋分析はわかりやすく、腑に落ちやすいと思います。医療現場でも使われている声紋は、問診では出てこない事実が見えます。

声紋分析の画像

これは、ある日の私の声紋です。一番内側の円が潜在意識。一番外側の円が顕在意識。真ん中の円が前意識

 

それぞれの特色が12色の波形になって出ています。色の意味合いについては、また今度書きたいと思います。

 

しかし、根拠のないものは好かん、スピリチュアルはエンターテイメントだと散々いいながら、自分の声紋を見ると、、、、

 

実はマゼンタやバイオレットの色に表される「スピリチュアル性」や「直観・ヒラメキ」が強く出ているので笑っちゃいます。

 

貴方も「俺スゲー」「俺コエー」「俺ヘタレ」いろいろ見えて笑っちゃうかもしれません。

 

特性を知り、また元気で仕事もプライベートも意欲的に過ごせるようお手伝いをしています。

自分のリアリティを呼び起こす

人は誰も、自分のリアルを自分の意のままに操縦したい。それは、自分にも相手にも同じように備わっている原理。
だとしたら、人を支配しよう、コントロールしようという欲求を捨てることが、自分を本当に自由にするための鍵になる。
そして、貴方の何かを取り込もう、利用しようという輩に振り回される必要もない。
現状がもし、思わしくない、面白くない、こんなはずではないと感じているのなら、魂の声を聴き、思い、考える時間が必要ではないか。
自分自身が一度立ち止まってみないことには、不快なことや嫌な予感が的中するような、欲しくない現実ばかりに見舞われる。
本当は不要なものをつかまされそうになっているなら、目覚ます必要がある。
そしたら、余計なエネルギーをどこに向けていけばよいか、自然にわかる。欲しくないものは、欲しくないと言える。
本当に欲しいものを頂くという、意思が生まれてくる。それが潜在的な可能性を現実の世界で形にする。
思考のパワーを間違えたり、浪費するのはもうやめにしたい。不運をコントロールしていくための、取っ掛かりとして魂の声を聴いてみる。そのひとつのツールが声紋分析だと思っている。

あなたの五感で一番優位な感覚はどれ?

人は「触覚・嗅覚・味覚・聴覚・視覚」の五感を通して外部から情報を得ています。そして、その五感のうちのどれが優位に働いているかは、人によって違います。
人それぞれに、得意な感覚があるわけですね。人の個性を同定する上で、判断のひとつとなるのが「五感」です。意識していくことで、伸びていく感覚もあるでしょうが、もともと持ち合わせた優位性があります。
例えば、私はかなり味覚オンチです。ですので、何でも美味しいと感じて何でも食べてしまいます。しかし、優れた料理人の方などは微妙な味わいの違いを感じ取ることができます。
また、聴覚が優位な私は、人を声で認識しているところが多く、一人で居るときに誰かのことを思い出すと顔よりも声ばかりが浮かんできます。声フェチとも言えると思います。
このように、五感のうち何が優位なのかを知ることで、自分の得意なことを見出したり、苦手を知ることで対処方法を考えることも可能です。
優位な感覚は、声の波動を見ることで客観的に知ることができます。人によって、声の波動は本当にさまざまです。自分でも意外な感覚が発達しているかもしれません。
声の波動分析は、理系の人は特に興味を引くようです。データ分析が得意なタイプの人は、ブルーやネイビーの色に強く表れます。貴方はどの感覚が優位?

仕事も恋愛も賭けることしかできない

20代の終わりに近づくと、このままこのまま会社に居続けるべきか?また、早急に婚活をしてパートナーを見つけなければと内面が慌ただしくなる人がいます。一方で、特殊能力があったり、異性にものすごくモテる人は悠々としている場合があります。
未来を正確に見通すことなど誰にもできないので、何に賭けるかは自分の選択次第だとみんなわかっているので、人によって行動が違ってきます。塞翁が馬なので、結局はタラレバ言っても始まらないし、何が良いのか悪いのかなんて明確にはわかりません。
言えることは、自分が幸せか、満足しているのかどうかということだけです。
可能性に賭けて転職するということは、そのまま会社にいた場合に出会える人との出会いは無くなります。そして関われたはずのプロジェクトや、将来つくかもしれないポストを放棄することになります。
そして、新たな会社でも同じように、出会う人や関わる仕事や立場があります。それらは同時に見比べることができないので、賭けるしかありません。
結婚もそうですね。二人の人とお試しで夫婦生活を送ってみてから選ぶことは許されません。せいぜい複数の人と同時進行で付き合うことならできるかもしれませんが、それでも結婚してしまうと後からもっと良い人と出会った場合、乗り換えるのは容易なことではありません。
だからとりあえず、自分の感覚で選んで、そしてその選択が正しかったのだと将来思えるように、今この瞬間を精一杯頑張って生きることしかできません。未来に起こることを正確に見通すことはできませんが、声紋を撮ることで現在の潜在能力を知ることは可能です。
自分が何を求め、どこに向かえばストレスが少なく、自分の才能を発揮していけるのかを知っておくことは、人生の賭けに出るときの参考にはなると思います。

人は本当にやりたいことをやるとき、潜在能力を発揮できる。

「できること」があるのは素晴らしいことだけど、「やりたいこと」をやって自己を最高に表現できるとき、あなたは人の心に浸透します。

自分の声を聴き、本当の自分を知ると、誰にも代わることができない独自の価値が見えてきます。それこそがあなたの存在価値です。

組織の中でも、チームの中でもオリジナリティを発揮し、誰にも取って代わることができない優位性が発芽します。

そんな、あなたの独自性を「声」というあなた独自の振動を分析することで、知ることができたとしたらどうでしょうか。

あなたは自分の声が好きですか?

多くの人が自分の声を録音して聞くと、嫌な声、変な声などと感じます。声は体の器官である「声帯」を呼気によって震わせて出るものです。


そのため、声には体の状態や、精神の状態や、感情などあらゆる「あなた」が表れます。



例えば、ちょっとした声の変化で風邪などの体調の異変はすぐにわかります。また、緊張していると声が上ずってしまい自分ではなかなかコントロールできないという経験は誰もが持っていると思います。


そして相手の声の微妙な感じで、「この人は本音を語っていない」と気づいてしまうことがあります。

うそ発見器もそうですね。何を質問されても「いいえ、違います」としか答えないのにも関わらず、うそを言うと針は振れてしまいます。

声は嘘がつけないのです。

そして、自分の声を嫌うということは、自分自身を否定していることと同じです。自分を否定する人に、周りの人があまり好感をもたないのは当然でしょう。

声にはその人に真実が表れる。ということは、逆に言うと声を変えることで身体も精神も変わる。つまり、上手に扱うことで自分の人生をよりよくしていくことに直結させることが可能になります。

そんな可能性を秘めた声ですが、多くの人はそこまで声を重要視していません。

例えば、あなたの好きな人を思い浮かべると、その人の声は必ず好きだと思います。声が不快でたまらない人のことは、たとえ他のすべてが良くても受けつけることが難しいです。

どうして人は、顔や服装に気を遣うように声に気をつかわないのでしょう。
とても勿体ないことです。というか、ものすごく損をしていることに気が付くべきです。

さらに、声を知ることであなたの特性や、潜在能力までわかるとしたらあなたは信じられるでしょうか?

声紋分析心理学による「声の波動診断」

実は、声の「声紋」を撮ることで人の潜在能力を知ることができます。
声紋分析心理学というのをご存じでしょうか。
声帯は身体とつながっているため、身体全体の振動が乗ります。

そして、振動は声だけではなく、宇宙の万物すべてには固有の振動数があり、振動数(周波数)の違いによって万物が分かれています。
すべてが振動し共鳴や共振を起こしているのが、この世界といえます。

そして人間の声を分析し特徴を抽出したパターンのことを「声紋」と呼びます。
声紋は警察などで個人を識別するために使われることがあります。

ここで扱う声紋分析では、ある時間において積分された声という音の周波数の強度分布として表し、その周波数帯に対応する12色の色で表現していきます。
その色の意味を解釈することで、その方の強み弱み、体調やストレス具合を読み取っていきます。

色の意味合いは、色彩心理学をベースにして何千人という臨床データからそれぞれ決めています。
声紋を分析して、心理学や臨床データから意味づけを行っていることから、「声紋分析心理学」と呼びます。


統計的なデータを取ったオリジナルのものであり、心や個性を可視化した世界初のものということができます。

個人相談を受け付けています。

PAGE TOP